50音順

あ~さ行


た~は行


ま~わ行



Twitter利用芸能人一覧


関連リンク

  • 漫画ワンピースの名言
  • ドラえもんの名言
  • スタジオジブリ作品の名言
  • 漫画ジョジョの奇妙な冒険の名言

  • ドラマ 日曜劇場「天皇の料理番」

    主演はTBS連ドラ初主演となる佐藤健。
    TBSテレビ 60 周年特別企画として、4月クールの日曜劇場での放送となる。
    直木賞作家・杉森久英原作、 大正・昭和時代の宮内省厨司長を務めた 秋山徳蔵氏の人生を描いた作品だ。

    天皇の料理番 あらすじ
    主人公である秋山篤蔵(佐藤健)は、夢をつかみとるため心機一転上京し、
    多くの試練に立ち向かっていく。その経験を成長の糧にし、
    当時の日本人としては珍しかったフランス・パリへの修行に赴き、
    差別・偏見と闘いながらも世界最高峰のオテル・リッツのシェフとなり、
    ついには26歳という若さにして
    宮内省厨司長・皇室の台所を預かる、
    言わば 「天皇の料理番」 となる…

    主な登場人物
    さてここでは天皇の料理番の名言を
    いくつかピックアップしてまとめていきたいと思います。

    関連商品
     

    天皇の料理番 名言(名場面)まとめ

    「これっちゅうもん見つけろって、
    わし今度こそ見つかった気がするんです。
    この度こそ、不退転の覚悟で来てんです。
    わしは、大日本帝国一のコックになるんです!」
    -秋山篤蔵(佐藤健)

    「何もかも望んでは、
    罰が当たるゆうもんです」
    -篤蔵の妻 高浜俊子(黒木華)

    「また喧嘩したのかい。
    短気は損気ってね」
    -俊子の母 高浜ハル江(大島さと子)

    「鍋もまともに洗えない奴が、
    まともな料理人になった試しがない」
    -華族会館料理長 宇佐美鎌市(小林薫)

    「けど、鍋洗いの名人が、
    料理の名人になるわけじゃないですよね

    -秋山篤蔵(佐藤健)

    「その日のことは、その日のうちに
    終わらせないと、明日の段取りが狂う。
    小さな手抜きが、大きな失敗になることもある。
    そういうのは真心がない」
    -華族会館料理長 宇佐美鎌市(小林薫)

    「料理は、真心だ。
    技術は追いつかないこともある。
    素材は望み通りにいかないこともある。
    けど真心だけは、てめえ次第で、
    いつでも最高のものを出すことが出来る。
    爪を短くすること、鍋を丁寧に洗うこと、
    皿を磨くこと、包丁を整えること、
    そういうことは確実に出来る。
    それすらできない奴は、
    まともな料理を作れるとは、俺は思わない」
    -華族会館料理長 宇佐美鎌市(小林薫)

    「教えないのはな、覚えないからじゃ。
    親切にもらったものより、
    てめえで必死になって、
    盗んだものの方が、人は大事にする。
    だから教えない」
    -華族会館料理長 宇佐美鎌市(小林薫)

    「篤蔵、お前はいっつもそうだな。
    学ぶということが出来ぬ。
    出来ぬことがあると、
    すぐに我流を押し出す。
    かんしゃくを起こし、挙句の果てには
    出来ぬことをつまらなぬと置き換え強弁する」
    -篤蔵の兄 秋山周太郎(鈴木良平)

    「つまらなくならないんです。
    一日裏口にいると、いろんなもんが見えるんです。
    業者とコックが喋ってるのとか、
    コックとコックが喋ってるのが聞こえてきたり、
    そこから、いろんなことが分かるんです。
    肉は実は、屠殺してから7日から10日のが良いとか、
    しかしスープを取るには、新しい物の方が良いとか、
    じゃがいもを煮る時は、塩を入れると崩れにくくなるとか、
    野菜にも器量っちゅうもんがあるらしくて、
    器量が良いとか、悪いとか…ごちゃごちゃ言ってまして」
    -秋山篤蔵(佐藤健)

    「残飯食えるなんてないんだぞ。
    他の所じゃ、鍋使った後、水と胚を
    ぶち込んで渡されるんだ。
    それされると、鍋のを舐められなくなるだろ。
    味盗まれないように、
    そういうことするってことだ」
    -見習仲間 山上辰吉(榎本佑)

    「相場師でも、坊さんでも、
    つまらぬと思わず、続けていく人は大勢いる。
    その人たちは、全てのことが
    性に合っていたから続けていたのだろうか。
    俺は違うと思う。嫌なこともあるけど、
    辛抱して、努力して、その中に面白さを
    見つけてきたのだろう。
    お前の性分では、面白い仕事でも
    つまらない仕事に成り下がる。
    そういう仕組みになってるんじゃないか」
    -篤蔵の兄 秋山周太郎(鈴木良平)

    「逃げるな!やりたいことをやるのは構わない。
    俺も応援してやる。
    だがな、お前の為に、傷ついている人たちの
    痛みは受け止めるべきじゃないか」
    -篤蔵の兄 秋山周太郎(鈴木良平)

    「これからは、違うものが見えるようになったんです。
    『真心』腹にすえて、仕事場を見ますとですよ。
    わしみんなの仕事見て、どんどん仕事が楽しくなってきたんです。
    何やったら喜ばれるか考えるのが楽しんです」
    -秋山篤蔵(佐藤健)




    有名人・芸能人 名言(迷言)まとめサイト|TOPへ

    inserted by FC2 system